アロマライフで誰とも遠慮せずに交換したくない人生を

エッセンシャルオイルと馬を通して感じたことを綴っています

ヒーリングアロマベーシック4〜お花の精油たち〜

今日は、「ヒーリングアロマベーシック VOL4」

お花の精油を考察する回でした。

 

今日から、新しい受講生さんも加わり4名となりまして

青森・盛岡・花巻とまた各地からいらして頂きました。

 

今回は、お花〜ローマンカモミール・イランイラン・ジャスミン・ローズ〜

 

人気は、ジャスミン

苦手な香りは お一人イランイランで

あとの皆さんは、「特にお花の精油で嫌いな香りがないです」となりましたが

 

私が、今日はroseがもう苦手で苦手で・・

(講座の時は、希釈したroseタッチではなく、

本物の100%roseオイルを使用してます)

f:id:angelicaaroma:20181020160046j:image

ローズの香りを嗅いだら「閉所 苦痛 苦難」という言葉が浮かんできて

自由のないうな垂れた、閉所のサラブレットが浮かびました。

 

なんてことでしょうーーー!!!!

 

ちなみに精油は、その時々で香りの感じ方も全く違いますし

こうだから、こう。という決めつけは絶対に出来ませんし

してはいけないと思っています。

 

ローズに関して、今日はどうしてこういうイメージングになり

感じるのだろう?と(今まで10回くらい同じようなワークをしているので)

自分自身を感じてみました。

 

一つは、先日ある方との話から

かつての私は、いつも何かに誰かに追いかけられているような感覚で

そういう状態にあったのだな〜

馬でいうなら、働くだけ働いたお馬さん状態で

心を失ってしまった状態。

それにすら気がつかない状態だった。と、

顕在意識上での認識が起こりました。

 

今回のローズの感じ方は

その時の自分を、ローズが癒してくれたのか。。。

もしくは、

自分が今日、ローズを嗅ぎながら書いた絵のように、

馬にローズがとても癒しになる。というキーワードなのか・・

 

はたまた、両方なのか。

 

どちらにしても、ローズのエッセンシャルオイル

絶望からの回復 というキーワードがあります。

(ドテラでは、コンソールという感情オイルにもローズが入っています)

 

_____________

今日の最後のシェアリングでは

 

お花の精油って、女性の闇の部分(普段、見せない部分)を

癒すようなそんな精油だなぁと感じました。と

感想をお話しされていました。

本当にそうですね。

 

本日もレッスンにお越し頂き

ありがとうございました😊

また来月、お待ちしています。

 

f:id:angelicaaroma:20180824180941p:plain