アロマライフで誰とも遠慮せずに交換したくない人生を

エッセンシャルオイルと馬を通して感じたことを綴っています

馬へのアロマケア・2018ドテラグローバルコンベンションより

あっという間に、グローバルコンベンションから

1ヶ月になりそうです。

 

グローバルコンベンションでは、

動物へのアロマについて「科学諮問委員会」が発足され

いよいよ本格的に、動物へのアロマに対してエビデンスが取られ始めます。

 

ドテラ社が創業して10年。

私がオイルと出会って8年。

その時からすでに「科学諮問委員会」があり

ドクターヒルやニコールスティーブン博士(当時は、まだどこかの大学の研究室にいらした)アメリカ整形外科協会だったかな?その協会の偉いドクター・・お名前がもう出てこない💦

そういった方々で、ドテラのオイルが研究され始めました

あれから、10年。

今や・・もうここで説明する必要のないくらい

世界中の医療現場で使われています。

 

2018年コンベンションでこの映像がドーンとスクリーンで出た時

震えが起こりました。そして、神様という存在に対して

心から感謝と敬意・祈りのような気持ちが沸き起こりました。

 

www.facebook.com

 

馬へのアロマケアで、お話があったのは

_______________

・copaiba(コパイバオイル)・・ディリー 細胞のために

・アースリズムオイル 鎮静 メンタルのために

・ゼンジェストオイル (お腹の痛み)

・インチューンオイル (集中力のため)

___________

これらを、よく使っているとのことでした。

 

私はまだ経験が少ないですが、何人かのオーナーさん達に

試して頂いたところ

 

お馬さん達が好きなエモーショナルオイル(感情オイル)は

・ピース(平和)

・コンソール(心の痛みに対してアプローチ)

 

そして、

フランキンセンス

はとても気に入っているようです。

 

_______________

私は「馬へのアロマ」馬にもアロマが使える!と確信があり

ずっと発信をしてきたのですが、最近、少し気持ちが変わりました。

 

それは、馬を通してご縁を頂いたオーナー様達も

馬が病気やメンタルなど辛い時

オーナー様も一緒に辛い気持ちを抱えているということ。

 

この数週間の間にこのようなことがありました。

私の作成したアロマブレンドを使って下さったオーナー様の馬が

年齢もあり続けて亡くなりました😭。

 

かける言葉もなく、、、、、

 

むしろオーナー様から

「いつも武川さんがブレンドしたアロマを

馬に塗ってマッサージをしていると、気持ち良さそうにしていました。

ありがとうございます」とメールをいただき、ますます何も言えなくなりました。

 

そして、時を同じくして

メール問い合わせでも

「大事な馬を亡くして、あれもこれももしかしたら

できることがあったのでは・・と思うと、悔しさでとても辛く

同じような高齢の馬に、アロマで最後をゆっくりさせてあげたい。

何を使えばいいでしょう」というお問い合わせでした。

 

人馬一体という言葉がありますが

時をずっと一緒にくらした馬と人との間には

家族、それ以上の関係が生まれているのだと痛感しました。

 

オーナー様達は「馬のために」と言いますが

辛いときは、どうぞご自身のためにも

オイルを使って欲しいです。

 

そして、今、思うのは 人にも馬にも

やはりタッチケア

アロマタッチテクニックではないのか?と

思うのです。

 

まとまりのない文章になりましたが、

人の心の痛みも、秋・冬になって

冷たい風が吹いてくると、体にも影響してきます。

どうぞご自愛ください。