馬とアロマジャーニー

植物の力で誇りある生き方を。 http://i-angelica.com

馬と植物はやはり偉大なるもの

岩手県でアロマセラピストをしています。

今週の月曜日に、無事にアメリカから戻りまして

火曜日〜木曜日まで、絶賛時差ぼけしてましたが

今日から通常モードです✈️

 

さて、アメリカでのメディカルアロマ・カンファレンスは

今年もまた、膨大なエビデンスや資料・発表がありましたが

それは、またにしまして・・・

(グループ限定のフェイスブックでは、シリーズ10でレポしています)

 

 

🐴こちらは、アメリカで購入してきた「馬のアロマケアレシピとシール」

f:id:angelicaaroma:20170915162713j:plain

 

このレジメをゆっくり図書館で読もうと思いつつ、

それと同時にこちらの本も持参しました。

「パッチ博士 魂の植物」

こちらは、フラワーエッセンスの本になります。

 

その中で、とても興味ふかい記述が・・・

パッチ博士は、イギリスウェールズ出身。ウェールズといえば、ケルト文化。

私も、ウェールズには随分前に一度だけ行ったことがありますが

 

 

本の中の記述で、馬が古代から植物との関わりが深く

チェストナットバッドの木の学名には「植物の馬・馬の栗」という意味を持ち

蹄鉄の形をしているとあります。

 

さらに、チェストナッドバッドは、馬の治療薬とされており、

ジプシーは、咳と息切れをしている馬に「チェストナッドバッドの実」を混ぜて

食べさせた。

 

ゲルマン人はえり抜きの馬を聖なる森に飼っている。

予言されている馬のいななきやひづめの引っかき傷で、僧は未来を占う・・

 

f:id:angelicaaroma:20170915164530j:plain

(古代・巨大石が残っているドイツ エクスタンシュタイーネの森)

 

チェストナッドバッドは、騎手のインスピレーション(高次のハイヤーセルフ)に気がつくよう助けてくれる・・etc

 

と、4ページも渡り、馬と植物の関連性を古代の歴史から書いてありまして、

なかなか興味深く読んでいたのですが

 

次に、買ってきたアロマレシピを見てみると

あらら・・・お馬さんに使う精油

なかなか高価な精油(そして、疾患云々もそうですが、スピリットレベルに働きかける精油が多いなぁ)のラインナップ!!

 

でも、この記述を読んだ後&

ドイツで馬のことをいろいろと「体感」してきたからか

なんだか、精油のラインナップを読み取ると感じることがあります。

大事なお馬さんにアロマを使うなら、やっぱり「エビデンス」必要ですか・・<私の心の声・・

 

f:id:angelicaaroma:20170915164643j:plain

ウータン元気かなぁ。元気だろうなぁ❤️

 

 

f:id:angelicaaroma:20170623213241j:plain

アロマセラピストの知識と経験を総動員させ

馬と馬に関わる方のサポートをしたいと

思っています。

アロマも奥が深くて、終わりのない日々ですが💦

馬も奥が深くて、終わらないだろうなぁ・・・

 

 🔹アンジェリカナチュラルセラピー

angelicaaroma.hateblo.jp