馬とアロマジャーニー

植物の力で誇りある生き方を。 http://i-angelica.com

ドイツ・レムゴ〜魔女街道と少しだけアロマ〜

岩手県盛岡でアロマセラピストをしています。

さて、先月のドイツツアーの続き。

今回のツアーにお誘い頂いた時、滞在先を調べてみたところ

「レムゴ」という町でした。

 

ちなみに、ドイツは興味がない。という訳ではなく

かつて、長い間ピアノを習っていたのでドイツは

有名な作曲家がたくさんいますし、今のお仕事のアロマセラピー

ドイツは外せない地域。ですが、まさか自分が行くとは!?と

ドイツの地方名を聞いても、ちんぷんかんぷん・・・・

 

で、滞在先・レムゴを調べてみたら

最初に出てきたのが「魔女街道」

tabi.chunichi.co.jp

あら〜これは、なんだかとっても興味があるというより

不思議な感じ。

そんな話をしたところ、行きたいところをピックアップしてみて。と

お話を頂いて(感謝!)

 

 

・レムゴの総合病院に併設している「薬局」へ

「タオアシス」というドイツの精油があるということで

行ってみました。事前に調べていた通り、

薬剤師(自然療法士?)さんに、症状を伝えて

薬局の棚(誰もが手に取れるところじゃなく、日本でいうとレジの後ろ側)から

精油を取り出してくれます!これが、噂の!!<なんの噂〜?

 

日本とドイツのアロマが違うと聞いていました。

ドイツに旅行で来たのでタオアシスの精油

嗅がせてもらいたい。ということと

薬局では、薬ではなくハーブティー精油を勧めることもあるの?と

聞いたところ(ここは、同行者のコマちゃんが通訳をしてくれて❤️)

時と場合によって、患者への薦め方は違うけど

精油ハーブティーも勧めるわよ。ということ。

f:id:angelicaaroma:20170902194637j:plain

・薬局の中にあるハーブティーも様々。

メリッサは、メンタルに〜

タイムは、殺菌に。と書かれてありました。

(メリッサを購入)

f:id:angelicaaroma:20170902194635j:plain

 

 

・レムゴに行ったら、見てみたいと願っていた場所。

時間の関係で、早朝、一人で行くことに。

ここは、レムゴのある「リッペ州」で最初の薬局で

「薬局張り出し窓」という名前で残っているのですが

6人のうち、医学の祖「ヒポクラテス」や「ガレノス」が☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今まで、紙媒体でしかヒポクラテスもガレノスも見たことがなかったので

もう、テンション上がりまくりです✨

f:id:angelicaaroma:20170902194257j:plain

 

レムゴ市内は、中世の街並みがそのまま。

戦争の被害を受けなかったということです。

f:id:angelicaaroma:20170902194439j:plain

 

宿泊先は、500年前の建物をホテルに。

クラシカルとモダンと2つの建物でわかれているのですが

牧場長ご夫妻はモダンへ。

私と同行したコマちゃんは、「クラシカル」へ。

二人で「お部屋、、、ちょっとすごいよね。何か出そうだよね」と

500年前のエネルギーというかオーラというか

写真ではうまく伝わらないと思いますが

廊下とか、、、いろいろすごくて

持参していた魔除けアロマスプレー1本を部屋に吹きかけ

フランキンセンスを吹きかけ、外の音が聴こえるよう窓は開けて

電気はつけっぱなしで寝た・・💤💤

お化けとかじゃなくて、なんだろうなぁ。

とにかく、何かがすごかった(笑)

f:id:angelicaaroma:20170902194441j:plain

 

今回の旅は、ただの観光とか、

牧場長の応援にくっついて行った。とかじゃなく、

一つ前の記事に書いたように

私の中で、何かがグラグラと動く。

そんな体験となりました。

 

人生って、決して長くない。

私は長くない。と思っていても、

一緒にいる人が、「長いから、そんなに焦らず私はゆっくり。今はいい」と

思っていれば

そっちに引っぱられてしまう。

 

だからこそ、誰といるか。は、本当に大切。